情報を管理しよう

キャッシュカードやクレジットカードの暗証番号については、最近でこそ、金融機関側やクレジットカード会社側からも、生年月日や電話番号などでの登録にストップをかける動きが出てきましたが、古くから口座を利用している場合などでは、いまだにこういった暗証番号を平気で利用している人も少なくありません。

他にも日常生活において携帯の重要度が高まるのに比例して、「携帯をなくしたときのリスク」も高まっています。家族親族友人知人の電話番号にメールアドレス、といった大人数の個人情報がずらりと登録されているのはもちろんのこと、サイフ代わりとしての携帯利用もじょじょに拡がりを見せています。

しかしこれほど重要なものであるにもかかわらず、携帯電話やサイフごとクレジットカードの紛失というのはかなり多いです。電車やバス・タクシーなどの車内への置き忘れなどは後を絶ちません。

情報を管理しよう
◆暗証番号管理は厳重に!
◆会員証の多さはリスクの多さ?
◆署名にも気をつけなければいけない?
◆ゴミをあされば生活が分かる
◆集合住宅のポスト管理
◆なくすと怖い!携帯電話

関連エントリー

 
Copyright (C) 防犯から身を守る!ホームセキュリティ比較 . All rights reserved