空き巣の基本技術「ピッキング」

ピッキングとは、ちょっとした工具を使って鍵穴をチョイチョイといじり、鍵を開けるという開錠方法です。もっとも昔ながらの開錠方法ですが、今でもセキュリティの甘い鍵なら数十秒とかからず開けられます。

しかもこのピッキングの怖いところは、たとえまったくの素人であっても、簡単にピッキング技術を覚えることができるということです。

あなたは、鍵師を育成するスクールなどの告知を見たことがありませんか。あれは本来、家や車の鍵をなくしてしまって入れなくて困っている住人などの助けとなるために、開錠の技術をもった職人を育成するというものです。

しかしこういった技術について法的な規制が特になく、誰でも簡単に受講できてしまう、というのが問題なのです。

つまり、こうしたスクールの存在は、閉め出されて困っている人を救うことができる技術者を輩出してくれますが、同時に、もともと悪いことでその技術を使用するために入った者にも、結果的には「犯罪のための技術」を教えてしまう、ということになっている側面もあるのです。

極論を言ってしまえば、ピッキングしやすい鍵=誰でも開けられる鍵、と置きかえても過言ではない、ということです。

関連エントリー

 
Copyright (C) 防犯から身を守る!ホームセキュリティ比較 . All rights reserved