イザという時の「見せ金戦法」

残念ながら、どれだけ防犯に気を使って対策をしていても、それでも空き巣被害などにあってしまう、という可能性はあります。相手はプロですから、世の中のセキュリティアップとともに、相手も手口をいろいろ変えてきます。まさにいたちごっこという状態ですね。

もし、さまざまな対策を尽くしてきても、それでも被害にあってしまったら、できるかぎりその被害は最小限にくいとめたいもの。そのために、「見せ金」というものを少し用意しておくことをおすすめします。

空き巣というのは、人の家にかまわず入ってくるような人間ですから、そこの家の住人があとでどれだけ困ろうともおかまいなしです。お金や有価証券など、金目のものが見つかるまで、とにかく家探しします。

短時間で済ませるために、邪魔なモノはかまわずひっくり返す、壊す、なんでもやります。おまけに金目のものが見つからないと、腹いせに家財にダメージを与えて帰る、なんてこともあるそうで…

金銭的な被害+家財がメチャメチャ、なんてことになってしまっては目も当てられません。

しかし逆に言えば、空き巣は、できるだけ短時間で犯行を済ませることをモットー(?)としていますので、お金が見つかればさっさと帰るケースがほとんどなのです。ですから、たとえば見つけやすいところに、数万程度の「見せ金」を置いておく、というのもひとつの手です。

もちろん見せ金は盗まれてしまいますので「なんでわざわざ空き巣へプレゼント提供しなきゃいけないんだ」と思うかもしれませんが、見せ金を置くことによって、それ以外の被害を最小限に食い止められる可能性が高いのです。

外側からの侵入をできるだけ防ぐのは基本中の基本。でも、もし中に入られてしまったら、荒らされないうちにお帰り願う。この考え方をとるかどうかは自由ですが、防犯にはこういう選択肢もあるんですよ^^

関連エントリー

 
Copyright (C) 防犯から身を守る!ホームセキュリティ比較 . All rights reserved