窓のセキュリティアップ

窓も、玄関と同じぐらいか、もしくはそれ以上に、侵入口として狙われやすいところです。ここの防犯もきっちりしていきたいところですね。

さて、防犯に役立ちそうなガラスといえば、防犯ガラスをはじめ、網入りガラスや強化ガラスといったものがあります。

ところで、あなたはこれらがすべて防犯性にすぐれたガラスだと、思ってはいませんか?網入りガラスは、中に鉄線が入っているので一見頑丈そうですし、強化ガラスも「強化」と言っている以上、割れにくいんだろう、というイメージがありますが、必ずしもそうではないのです。

まず、網入りガラスの鉄線は、意外に簡単に切れます。しかも、ガラス自体の強度は普通のガラスと同じ。この鉄線の存在意義は、「ガラスが割れたときの飛び散りを抑えること」程度なのです。

ところが空き巣にとっては、この「飛び散りがないガラス」は大歓迎モノ。開錠のための穴を開けるときも、ケガの心配をしなくてすみますし、ガラスの飛び散り落下による大きな音も心配ありません^^;

次に強化ガラスですが、こちらも普通のガラスよりは硬いものの、強い衝撃を与えるとあっさり割れてしまいます。特に、とがった物による衝撃には弱いようです。強化ガラスは硬度があっても、もろいのです。

つまり、網入りガラスや強化ガラスは、一般的なガラスにくらべると「ケガ防止」などの視点ではすぐれていると言えますが、防犯という面からは力不足なのです。

あと、他にも最近よく誤解されがちなのが、急速に普及してきた「ペアガラス」です。あのペアガラス、防犯性が高いと思っている人、結構多いんですよね。

結論から言ってしまうと、一般的なペアガラスの場合、普通の1枚ガラスの窓2枚分と防犯性は変わりません。ガラス自体は防犯ガラスでもなんでもないのですから、単に普通のガラスを1枚ではなく2枚破らなければいけない、という程度の手間が増えるだけです。

ペアガラスの利点は防犯性ではなく、結露の防止や断熱性・遮音性などです。ですから、「うちはペアガラス仕様だから安心♪」なんて油断するなんてとんでもないことなのです。

では防犯のために役立つガラスが何なのかというと、やはりおすすめは「防犯ガラス」と名のついたガラスです。これもヒビは比較的簡単にはいってしまうのですが、ガラスの中に仕込まれたフィルムが、割れ・穴あけにたいしてがんばってくれます。

これを破るのに時間がかかるので、空き巣などは途中であきらめてしまうことも多い、というわけです。また、普通のガラスに防犯フィルムを貼る、という方法も、なかなか効果的なようです。

これらは、台風などでモノが飛来してきたときも、ガラスの突き破りを防いでくれる効果も期待できそうですから、防犯だけでなく防災という視点でも、ぜひおすすめしたいところです。

さらにガラスそのものの強化だけでなく、補助的な防犯グッズを併用すると、より効果的です。窓用の補助錠がもっとも有名なところですが、窓に衝撃が加わるとアラームが鳴る、といったグッズなどもありますよ。

アラームについては、特にベランダの窓への設置がおすすめです。最近は、覗きなどの対策を考えてのことか、地上から見てもベランダの中の様子が分かりにくい状態のものが多くなっています。

しかし、こうしたベランダはプライバシーを守ってくれる半面、侵入者が時間をかけて犯行しやすいポイントにもなってしまっているといえます。

いくら防犯ガラスでも、じっくり時間をかければ穴は開きますので破られてしまう可能性もあります。ですから音で異常を知らせ、早めに周囲に気づいてもらうというのは、かなり効果的ですよ。

 

関連エントリー

 
Copyright (C) 防犯から身を守る!ホームセキュリティ比較 . All rights reserved